Acerca de

手をつないで

夢大地とは

施術の軸理念

私たちは、頑張るあなた様のお役に立てることに感 謝「心身一如・・・』 心底より捧げます!

ここでしか、 受けられない!当院独自の

 

【瞬速無痛!ドリカム・セラピー】とは・・?

≪動体バランス 体軸背骨ゆらし全身調整≫

姿勢調整+頭蓋仙骨調整+疼痛軽減+神経反射安定 + リラックス癒し増幅 etc.

Body axis adjustment for Spine swing & Craniosacral therapy

 

主観的な身体重心を意識し、 体幹筋群により重心位 置をコントロールしながら、 重心から動き始めること が (重心始動) 動体視力 全身神経反射安定 動的バランス・筋力・思考心理の安定を促す。

 

即ち、様々な症状も、身体軸、 重心を調え、概ね、 脊髄神経、脳神経を活性化させることができると考え られる。

 

手法的には、脊髄神経の安定を・・・

独自の体軸背骨ゆらし】で脳神経の安定を・・・ クラニオロジーと脳の中枢である視床下部へのアプロ コーチ +CSF プラクティス (脳脊髄液調整法) により、 脳呼吸のリズムを安定させる。

あなた様への想い!

整体るーむ “夢大地” とは?

爽やかに、 健やかに、そして美しく! 幸せ いきいき 人生! あなたとあなたの大切なひとの、 健康増進の為 に! あなたの夢を叶える理想郷! それこそが、

整体るーむ 伊豆高原 夢大地

施術方針理念 Therapeutic philosophy

 

私たちは、医師でも、医療従事者でもありません! 私たちは、その方の持っている、心身の重さ、怠さ、 不快さ、時として、痛みやしびれ等の苦痛を、あなた 様の求めに応じて、身も心も癒され、不快さから快適 なあなたへ、全身全霊サポート支援をさせて頂きます。 未熟者である私たちは、常に忘れず、以下の事柄を 根底に、 施術理念・哲学とします。

例えば、重度脳性麻痺を患う小児患者の中には、言 葉を発することはもちろん首が座ることも、物を視線 で追いかけることも困難な人たちがいます。 それを外 から見て、障害だというのは、健常の世界に安住する 傍観者の粗野にすぎないのでは(・・?。 この人たちは、 誰にとっての障害者だというのか。 施術も同じ。

例えば、脳梗塞によって左半身に強い麻痺が出てい る 70代のお婆さんがいる。 その方に目を閉じてもら い、 自分の左手がどこにあるかを尋ねみると、 お婆さ んは、『え、 左手 (・・?』、『ああ、 冷蔵庫に忘れてき た』とあっけらかんに言う。

本人には障害の実感がないのに、それを外部から明 示的にであれ、 非明示的にであれ、 「障害だ」 と伝えら れることほど、 本人を混乱させるものはない。 この落 差が、障害という経験に対する他者の、 社会の、 家族 の、 私たちのかかわりを極めて困難にしている。 施術 も同じ。

麻痺のある身体は、いつでも自由に動いてくれる身 体とは、かけ離れた実感を伴っていることがしばしば ある。 施術も同じ。

施術哲学

こうした場面で、 セラピストが「お婆ちゃん、 何い っているの。 左手はここにあるでしょ」 といって、左 手をさすってあげるような対応が、ごく一般的な選択 なのだと思います。 施術も同じ。

しかしそうした対応は、お婆さんの発言を否定し、 おかしな思考を修正しようとする強い意志を含むもの でもあります。

確かに、 物体としての左手はそこにあるし、 日常的 判断としては正しいのかもしれない。とはいえ、その ような発言の中に、 お婆さんの経験の深みが隠されて いる可能性も否定できないのだ!施術も同じ。

優れたセラピストの先生の臨床を見ていると、待つ ことがとてもうまいことが分かる。 自分の言葉で患者 さんの経験を埋めてしまうことがない。 周囲の人には 何をしているのかよく分からないのに、 患者さんとと きに笑い合いながら、ときに真剣に施術が行われ、最 終的に患者さんの表情も身体も生き生きとしてくる。 そして現実に、 身体の動きが、 本人の発話が変わる。 施術も同じ。

麻痺という経験を持っていない人が、そうした経験 を持つ人に近づくためには、安易に理解した気になっ てはいけない。 何度も問いを自分の中で繰り広げなが ら、その人の固有な経験が浮かび上がるポイントまで 近づいていく、待つ姿勢が必要となる。 施術も同じ。